zero home disign

TwoGardenHouse

Two Garden House

2012
Okayama

TwoGardenHouse_01
TwoGardenHouse_02
TwoGardenHouse_03
TwoGardenHouse_04
TwoGardenHouse_05
TwoGardenHouse_06
TwoGardenHouse_08
TwoGardenHouse_07
TwoGardenHouse_01
TwoGardenHouse_02
TwoGardenHouse_03
TwoGardenHouse_04
TwoGardenHouse_05
TwoGardenHouse_06
TwoGardenHouse_08
TwoGardenHouse_07
previous arrow
next arrow

敷地の周囲は、道路と建物で囲まれた住宅地である。敷地の南側にパーキングをとり、外部からのプライバシーを確保するため、外周廻りは壁を配置、その内部空間を切り取るように、ふたつの中庭を空間に配置した計画としている。そしてこの中庭に開くように開口部を取り光・空・風・緑など日本の四季の自然を内部に導き、切り取られた自然の空間が生活を満たしていく。各空間を仕切る扉は全て引込戸で計画、扉を壁内に収納することで空間全体がひとつながりとなり、中庭を介して自然の空気の中で常に家族の気配を感じながら住まうことを意図している。キッチンエリアは来客時には見せない壁で仕切られていながら、LDKが一体の空間になるようにデザイン、キッチン前に設けた中庭に面したデスクは、「目の行き届く所で子供が勉強できる場所がほしい」と奥様のご要望で計画、夜には星が見えるくつろぎの居場所に変化する。収納・動線計画では、行き止まりのない回遊のある家事動線の中に収納を配置する計画とした。内部・外部あるいは人と自然が一体となったワンルームの佇まいは、住まう人が移りゆく季節の中で、「大切な家族との思い出を見守り育む場所」になる。そんな事を思い描いています。