zero home disign

MARU-MIZO DESK

MARU-MIZO DESK

2019
酸洗い鉄+ホワイトアッシュ

MARU-MIZO-DESK
MARU-MIZO-DESK
MARU-MIZO-DESK
MARU-MIZO-DESK_2
MARU-MIZO-DESK_1
MARU-MIZO-DESK_3
MARU-MIZO-DESK_2
MARU-MIZO-DESK_1
MARU-MIZO-DESK_3
previous arrow
next arrow

鉄そのものの持つ無機質な表情と温かみを感じるホワイトアッシュの無垢の木を組み合わせた多目的デスク。
このデスクは通常の壁に付けて使うだけでなく、空間が切り替わる間や人が集まるの空間の中心などの場所にも対応できるようにと考え、両面を同じ意匠のダブルフェイスとしている。レーザーカットでデスクの骨格となるフレームと引出しの前板の金型を作り、その骨格に合うようにホワイトアッシュの無垢材で形状化していく、フレームに切り抜かれた半丸状の丸い溝が机と引出しのレールとなるところであるが、この丸い溝がデスクの構成と意匠の両面を補うものとなっている。引手やツマミを設けないことでレーザーカットラインがより強調されたフラットな表情が生まれた。引出しは中央の長孔に開閉用にしつらえた丸棒の輪錠によって出し入れが可能。
デスクは少し高めのボックス上の天板とボックスの下に隠された引出し式のダブルデスクとなっており、使い手の発想如何でさまざまなライフシーンを楽しいものにできるのではないかと思っています。

coharuni shop